食へのこだわり

毎日口にする食べ物――この食べるものによって、私達の健康は維持されています。
だからこそ、ここでお出しする料理は、地元で獲れた無農薬のお野菜や、生活クラブの無農薬の食材等をできる限り使い、安心して食べていただけるよう心がけています。

便利になって、手軽に何でも食べ物は手に入る時代になりましたが、何を体に取り入れるかによって、私達の健康は左右されます。無意識に口にしているものの中には、少しずつ体内に蓄積されていって知らないうちに、いろんな形で体に弊害をもたらすものもあります。

ハートフル・ポートでお出しする料理の味付けは、食材の持つ自然の味を大事にし、市販のコンソメなどは一切使わず、スープは野菜の皮だけで出汁を取った「ベジブロス」のスープをベースに、肉、海老などでコクを出しています。野菜の皮や根っこには、老化や病気を防いでくれるファイトケミカルやミネラルがたくさん含まれていて、これを煮出すことによって野菜の栄養が丸ごととれるのです。老化防止、免疫力アップ、シミやしわ防止、美肌効果もあると言われている「魔法の出汁」として、女性にも大変うれしいスープとなっています。

和食の味付けも、昆布、かつお、しいたけだけで作った八方出汁を使い、市販の出汁の素などは一切使っていません。全て手作りの味付けを心がけていますので、安心して召し上がっていただけます。海老グラタンで出汁を取った後の海老の殻とゴマと塩だけ作った海老のふりかけもとても好評です。

現在、10月から秋の新メニューも考案中です!
きのこや根菜、季節の野菜などを取り入れ、高い栄養価や腸内環境の正常化など様々な効果が得られるといわれている発酵食品を積極的に取り入れていく予定です。

「食は命なり」という言葉を大切に、心を込めてお料理を作らせていただきます。
皆さまのお越しをお待ちしています。

生活クラブの無農薬野菜

 

 

 

 

 

 

 

自家製バジル

 

 

 

 

 

 

 

栗の渋皮煮(栗もノーワックスのもの)

 

 

 

 

 

 

 

 

**********************

「ストップ!食品ロス」講習会のご案内

日本では、年間500~800万トンもの食料が、本来食べられたはずなのに捨てられているそうです。
食べ物を輸入しながら、大量に捨てているという事実――。

食べ物を無駄なく使い、かつ栄養面にも配慮した調理法について、ハートフル・ポートのシェフがお話させていただくことになりました。
日頃このカフェでも大切にしていることをお伝えする機会をいただいたこと、心から感謝申し上げます。

日時:10月3日(土)15時~
場所:南希望が丘地域ケアプラザ
主催:希望が丘南地区環境事業推進委員連絡協議会・消費生活推進員会

ご参加ご希望の方は、直接会場にお越しくださっていいそうです。


0