「おうちカフェ」だからこそ、大切にしたいこと

明けましておめでとうございます。
新年をいかがお過ごしでしょうか?

ハートフル・ポートとして産声をあげて1年半。
2度目のお正月を無事迎えることができました。

オープン当初は一体どうなるんだろうと、正直続けていけるか
とても不安でした。しかし、リピーターの方も増え、
いろんなイベントも企画できるようになり、またこの場所を
使った企画を提案してくださる方も増えてきて、
たくさんの方に愛される場所に育ててていただきました。
心からお礼申し上げます。

今年は、この1年半で感じたことを踏まえて、
「おうちカフェ」という場が持つホッとできる空間を大切に、
今後この場所の役割は何なのか、模索していきたいと思っています。

ひとりで食べるご飯よりも、誰かと一緒に食べるご飯が美味しいから。
近所で誰かと気軽におしゃべりができるところがあると嬉しいから。
誰かに話を聞いてほしいから。
日々の生活の中で、何かワクワクすることに出会いたいから。

ということでいらっしゃる方は多いのですが、
最近では、

自分も何かやりたいことをやる一歩を踏み出したいから。
自分も何か誰かの役に立つことがやりたいから。

といった想いを抱いていらっしゃる方も増えています。
「場」が持つ力があるとしたら、それはやはり「人」の力あってのこと。
何かをしたいと思ったときに、その背中を押してくれるのは人。
応援してくれるのも人。
人と人とのつながりを大切にしていると、不思議なことに
お互いを応援し合う関係が自然と生まれてきます。

「場」があるということで、人が集まり、想いを分かち合い、
そして、そこから何かが始まる――
そういう場に成長できているとしたら、この場所を開いて本当によかったと思います。

さて、家=家族が住むところ、ということで、「家族」ということに目を目を向けてみますと、
今の時代、その形がいろんな意味で変化している過渡期である気がします。
昔の家には、お父さんお母さんのほかに、おじいちゃんやおばあちゃんがいて、
おばさんやおじさんもいたりして、異年齢の兄弟もたくさんいて賑やかでした。
いろんな年代、価値観などが違う人たちにもまれて、育ちあっていたように
思いますが、今はそれがなくなって、家族の関わり方もずいぶん変わってきました。
それが良い悪いということではなく、大家族が減って来て人とのかかわる機会が
減ってきているのは事実です。

しかし、ここには、赤ちゃんからご年配までいろんな年代の方たちがいらっしゃって、
まるで昔の家族のようだなと感じることがあります。
お客様同士が自然と声を掛け合ったりすることもよくあり、
赤ちゃんが泣いていたりすると、抱っこしてくれるおばあちゃんもいます。
ママはゆっくりとご飯を食べることができます。
おばあちゃんも嬉しそうに抱っこをしてくれます。

初めて会った人たち同士でも、
ちょっとしたきっかけで打ち解けてお友達になったり、
同じ地域に住む者同士、どこかでつながっていることがわかったり、
違和感なく一緒にご飯を食べたり、
赤ちゃんの成長を皆で見守ることができたり。

そういったことが自然とできるのは、
ここが「家」という空間であるからなのかもしれません。

「おうちカフェ」としての役割があるとしたら、
ここを我が家のように思ってくださり、自分の居場所としてくつろいでくださって、
新しい「地域の家族」といった形を皆さんが作っていってくださることなのかも
しれません。

子育てをひとりで頑張っているママも、
子どもが自立してちょっと時間のあるおばちゃんも、
元気な高齢者も、ちょっと遠くに出歩くのもおっくうになった高齢者も、
定年後のおじちゃんも、学生さんも、平日休みのお父さんも、
みんな、ここに来ると一つの家族のような気持ちになれるとしたら…

ささやかな場所ですが、そういった家族的な温かな関わりができる場所でありたい…
そう願って、今年も一年この場所を大切に育んでいきたいと思います。

正月休みに、実家の熊本に帰省し、母の実家である島原にも久しぶりに足を伸ばしました。
昔は親戚が大勢集まって、とても賑やかでしたが、今は年老いた叔父・叔母だけが残され、
静かなお正月でした。
今、横浜で私がやっていることを話したら、目を輝かせて近くにそういう場所があったら、
毎日でも行きたいと言っていました。
叔父・叔母と接していて改めて、こういった場所の必要性を強く感じたことでした。

さて、今年は、どんな新しい出逢いがあり、どんな新しいつながりが生まれるのでしょうか。
そして、そこから何が生まれてくるのでしょうか。
「おうちカフェ」だからこそできることがまだまだたくさんあるような気がしています。

ワクワクしながら、この場を大切に、皆さまにとって居心地のいい空間、
そして美味しいお食事をご用意して、
スタッフ一同お待ち申し上げます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
新年の営業開始は、1月12日(火)10時~です。

 

 

 

 

 

 

お客様のMさんが藁と稲穂とで毎年手作りで作っていらっしゃるしめ縄。
今年は、うちのスタッフがMさんと一緒に作ってくれました。

 

 

 

 

 

 

一足早く春が届きました。お向かいのAさんからいただきました。
福島の桜です。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


0